仏教公開講座

   
大垣別院 仏教公開講座
 
日時:毎月18日 午後7時〜9時
 
会場:大垣別院
   (夏季・冬季は大垣教区同朋会館講堂にて)
 
聴講料:年間聴講券5,000円 当日券600円
 
講師:下記の表をご参照ください
 
問い合わせ先:大垣教務所(0584-78-3363)
   
2018年(平成30年)
7月18日(水) 木ノ下秀俊 氏
(真宗大谷派現地復興支援センター非常勤嘱託・現地災害救援本部)
講題:われというわれら

仙台教区気仙組西法寺衆徒。研修部常勤補導、富山教区・仙台教区駐在教導を経て、原町別院に勤務。東日本大震災と原発事故による避難指示により家族と共に山形 県へ避難、以後東北各地で復興支援の仕事に携わる。
8月18日(土) 池田勇諦 氏
(同朋大学名誉教授)
講題:罪がわからなくなった現代

三重教区西恩寺前住職
元同朋大学学長 現在同朋大学名誉教授 真宗大谷派講師
著書に『親鸞聖人と現代を生きる』(東本願寺出版部)他多数
9月18日(火) 楠 信正 氏
(真宗大谷派教学研究所長
講題:念仏のいわれ

真宗大谷派教学研究所長 北海道教区幸福寺住職
1949年北海道生まれ 大谷大学文学部仏教学科 元北海道教学研究所長
10月18日(木) 小谷みどり 氏
(第一生命経済研究所主席研究員)
講題:終活ブームの背景にある意識 一死の迎え方・葬送のゆくえー

第一生命経済研究所主席研究員。博士(人間科学)。
大阪府出身。専門は生活設計論、死生学、葬送問題。
最新著:『「ひとり死」時代のお葬式とお墓』(岩波書店)
11月18日(日) 落合誓子 氏
ルポルタージュライター 能登教区乗光寺坊守
講題:信心を頂くということ
   一現実と向き合い続けた中から見えてきた事一

京都女子大学短期大学部国語科卒業 
主な著書:『女たちの謀叛』(解放出版社) 真宗大谷派の紛争の実態をルポした『貴族の死滅する日』(晩警社) 原発予定地の記録『原発がやってきた町』(すずさわ書店)他
12月18日(火) 三島多聞 氏
(高山別院輪番)
講題:智慧眼 ーこの世は自分を探しに来たところ一

高山教区真蓮寺住職
京都外国語大学、大谷大学大学院仏教学科修士課程を経て台湾師範大学研究所留学。
中村久子女史顕彰会代表。
真宗大谷派宗議会議員を3期、2015年から2016年まで同派参務を務める。2017年10月から現職。
2019年(平成31年)
1月18日(金) 武田定光 氏
(東京教区因速寺住職)
講題:命から「生死」(いのち)へ

東京生まれ。大谷大学大学院博士課程真宗学科修了。元親鸞仏教センター嘱託研究員。
主な著書:『なぜ?からはじまる歌異抄』(東本願寺出版)『新しい親鸞』(雲母書房)
2月18日(月) 堀田 護 氏
(全国准堂聚会会長)
講題:真宗の仏事(大谷派声明を中心として)

岡崎教区第7組本宗寺住職
三河別院列座一隅を務め2015年3月に退職、その後全国推堂衆会会長に就任。現在に至る。
3月18日(月) 三橋尚伸 氏
(真宗大谷派僧侶 産業カウンセラー)
講題:死ねない時代を生きる

心身の病に苦しむ人々との30年以上にわたる交流を通じて、僧侶カウンセラーとして医療現場にも関わる。
主な著書:『「病」を包むお見舞い言葉』(講談社刊)『死で終わるいのちは無い』(ぷねうま舎刊)
4月18日(木) 藤本愛吉 氏
三重教区正寶寺住職
講題:いのちの呼びかけ

1947年生まれ 1984年大谷専修学院卒業 現在、三重県正賀寺住職
5月18日(土) ケネス田中 氏
(武蔵野大学名誉教授)
講題:アメリカ浄土真宗のありかた 
   ー日本の真宗の活性化への示唆となるか?ー

山口県生まれ。カリフォルニア州育ち。米国国籍。1978年、西本願寺にて、得度及び教師資格を受ける。
主な著書:『アメリカ流 マインドを変える仏教入門』(春秋社) 第27回中村元東方学術賞を受賞。
6月18日(火) 藤田敬一 氏
(岐阜県人権懇話会会長)
講題:いのち ~生き合うⅩ~ わたしの歩んできた道

京都市で生れる。京都大学文学部卒業、のち同大学院博士課程修了。
岐阜大学教育学部講師、助教授、教授を経て2002年3月退職。
現在にいたる。
 
 
春季・秋季は、大垣別院本堂です。
大部分が畳席です。
 
夏季・冬季は、冷暖房の効く教区同朋会館講堂です。
前方いす席・後方畳となっています。
<<真宗大谷派大垣教務所>> 〒503-0897 岐阜県大垣市伝馬町11 TEL:0584-78-3363