行事・イベント

行事・イベント
 
帰敬式(おかみそり)

帰敬式(おかみそり)
 
仏:苦しみや悩みの尽きない人間を救い遂げようと喚びかけられている
  南無阿弥陀仏の法に目覚めた人「お釈迦さま・諸仏」
法:「南無阿弥陀仏」ということばにまでなった「真実の教え」
僧:南無阿弥陀仏に依ってともに生きるひとびとの「あつまり」
 
三宝(仏・法・僧)に帰依し奉るべし
真宗門徒として帰敬式を受けましょう
 
 
<帰敬式とは>
 「帰敬式」は一般に「おかみそり」という名前で親しまれてきた儀式です。
 おかみそりを受けて法名をいただくのは、亡くなってからと思われがちですが、本来帰敬式は、お釈迦さまの弟子になる、仏弟子になるという儀式なのです。
 亡くなってから法名をいただくのではなく、生きている今だからこそ人間としての生き方、在り方を真実の教えに問い、学んでいこうという出発の式が帰敬式です。
 帰敬式には髪をおろすことをかたどった剃刀の儀があります。髪をおろすというところに私たちの欲望に執らわれた虚飾の生活をはなれるという意味があり、仏法を依りどころとして、たしかな生を生きる者となる、人生の方向転換が剃刀の儀なのです。
 
<法名とは>
 私たちは、日ごろ両親からの願いがかけられた名前で生活していますが、帰敬式を受けると、「釋」の字が冠せられた二字の法名が授与されます。「釋」は、お釈迦さま・諸仏の弟子となった、仏弟子としての名告りをいいます。つまり、すべての人に喚びかけられている南無阿弥陀仏の法を明らかにされたお釈迦さまの教えに生きる者となる、第二の誕生を意味する名告りです。
 
執行日:2018年12月13日(木) 午前9時40分受付
執行場所:大垣別院本堂
冥加金:12,000円(本山お礼金・諸経費・おとき含む)
    20歳以下は6,000円
    当日受付でお納めください
 
<法名について>
法名のつけ方は2種類あります。
①お手次のご住職につけていただく方法
 ご住職と相談の上、おつけいただいた法名を申込用紙にご記入ください。
②本山でつけていただく方法
 申込用紙の[2 本山で選定してもらう]に○を付してください。
 
締め切り:11月30日(金) FAX送信可
 
9:40  受付
     報恩講法話聴聞
11:15 帰敬式受式説明
11:30 帰敬式受式
12:00 おとき
13:00 御満座参詣
 
申し込み・お問い合わせ:大垣別院(大垣市伝馬町11)
            電話:0584-78-3362 FAX:0584-78-3328
 
主催:大垣別院・大垣教区
 
帰敬式2018   (2412KB)
<<真宗大谷派大垣教務所>> 〒503-0897 岐阜県大垣市伝馬町11 TEL:0584-78-3363