行事・イベント

行事・イベント
 
平和展と現代の課題に学ぶ学習会

「平和展」と「現代の課題に学ぶ学習会」開催
 
<趣旨文>
 戦後七十三年目を迎え、ここ数年安保関連法やいわゆる共謀罪法が成立し、さらに憲法第九条の改正案が出されようとしています。平和憲法の下、続いてきた私たちの平和な生活が脅かされるのではないかという危惧が生まれています。言うべきことがいえない状況になっているのは、戦前の状況に近づいているのではないでしょうか。
 私たち大谷派は、かつて日本政府の対外政策に迎合し、「聖戦」の名の下に戦争協力してきた過去があります。その中でも「海外開教」は、占領地の人々を日本になじませる重要な役割を担っていました。
 大谷派が明治から太平洋戦争末期に至るまで行ってきた「海外開教」で数多くの同期が「開教使」として中国・朝鮮へと渡っていきました。その中には私たちの身近な人たちも含まれています。その一人である横山周導氏に、『満州開拓地布教者の貫いた人生』という講題でお話しいただきます。そこで、このたびの「平和展」では、そのことをご縁として、当時の人々の活動がどのようなものであったかを見つめ、戦前戦中の開教使の歴史を振り返り、「海外開教」とは何であったかを改めて学びたいと思います。
 『仏説無量寿経』には「兵戈無用」という言葉があります。その言葉に応えるために、私たち念仏の教えに学ぶものは、どうしていけばいいのでしょうか。
 「平和展」を通して、すべてのいのちと生きあえる世界を実現するため、私たちはどうしていくべきかを改めて考える機会にしていただければと存じます。
 
「平和展」
テーマ:「戦時下の大谷派教使」
開催日:4月18日
展示場所:大垣別院十字の間
*大垣別院春の法要期間中の4月24日・25日は、大垣別院1Fにて展示いたします
 
「現代の課題に学ぶ学習会」
講題:「満州開拓地布教者の貫いた人生」
開催日:4月25日 (大垣別院春の法要の法話として)
講師:横山周導 氏(大垣教区第9組勝善寺住職)
主催:大垣教区教化委員会 事業部
 
問い合わせ:大垣教務所 0584-78-3363 大垣別院 0584-78-3362
 
 
 
平和展・現代の課題に学ぶ学習会PDF   (1160KB)
<<真宗大谷派大垣教務所>> 〒503-0897 岐阜県大垣市伝馬町11 TEL:0584-78-3363